2015年11月17日

Money Soldiers


Money Soldiers

2015

Banknote , Pigment print , Acrylic on paper , Collage

950 x 760mm (700 x 500mm)



Money Soldiers2.jpg


911のテロを理由にアメリカがアフガニスタン、イラク戦争に突入した時と同様に、
今回パリのテロを理由にフランスは早速シリアの空爆を始めた。

911がアメリカの自作自演だったことはよく知られている。
イラクには大量破壊兵器など存在しなかった。
全てアメリカの戦争屋が儲けること、石油利権を手に入れるために自国民を殺してまで仕組んだこと。

この世界から戦争は無くならない。
なぜなら戦争によって儲けたい人たちがいるから。



世界中でロスチャイルドが所有する中央銀行システム。
どの国のお金もそれぞれ政府が発行しているものだとばかり思っていた。
が、そうではない。各国にある「中央銀行」というのはどれも民間の銀行なのだ。

日本の日本銀行も、アメリカのFRBも民間の銀行。

民間の銀行が利子を付けてお金を国に貸し出す。
そもそも、政府がお金を発行しさえすればその利子返済は必要のないもの。
だが、そうはなっていない。

国は国民からの税金でその利息を返済する。
そして日本銀行株はロスチャイルドが20%以上も所有しているという話がある。
日本国の利益は最終的にはロスチャイルドが吸い上げる。


各国の中央銀行の株も同様にロスチャイルドが多く所有し、
世界中を実質支配してしまっている。


そして、この世界経済植民地政策とも言えるマネーシステムを拒否する国が、
次々と潰されていく。


911以前、この中央銀行を持たない国は
キューバ、北朝鮮、アフガニスタン、イラク、イラン、シリア、スーダン、リビア、パキスタンの9ヶ国だった。


アフガニスタン、イラク、リビアは潰された。
今はキューバもイランもスーダンもパキスタンも中央銀行システムに入らされている。


そして現在、残るはシリアなのである。















posted by はせがわ at 12:09| Comment(0) | 作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]