2017年01月01日

お札おりがみ10周年

あけましておめでとうございます。


お札おりがみを始めてから、10年経ちました。

お年玉をお札おりがみにしたら、甥っ子や姪っ子たちに超ウケるだろうと、
何種類も折ってポチ袋につめて帰省した2007年のお正月。

でも、小学1年生の姪っ子に開口一番
「あー、お金をおもちゃにしちゃいけないんだよー!」
と、叱られたのでした。(笑)

そんな姪っ子ももう高校3年生。
早いもんです。

お札おりがみもこの10年の間にいろいろありました。

折り方の本を2冊出版したり。
最初の本は騙されたような感じで 結果、印税が1円ももらえなかったり。
テレビやラジオから取材されたり
お札おりがみの折り方DVDが発売になったり、
気がついたら、世界中の何百という様々なウェブサイトに
作品の画像が拡散されていたり、
海外から雑誌に載せたいと10数誌からオファーがあったり、

日本で何度も個展をしたり、
ベルギーのアートコレクターに作品が売れたり、
中山エミリのラジオに出演したり、
様々なアートフリマ的イベントに出店したり、
iPhoneアプリを作ったり、
以前製作したDVDの動画が勝手に流用されてアプリが発売されていたり、

ニュージーランドの美術館から作品の展示を依頼されたり、
ロシアからオファーがあり、写真展にお札おりがみの写真を出品したり、
読売広告賞、外為オンラインの広告で賞をもらったり
アメリカから311 Pray for Japanの展覧会に作品の出品依頼がきたり、
ニューヨークTimeOutの表紙になったり、
フェイスブックページのフォロワーが7000人になったり、
オーストラリアでの展示に参加したり、
タイで巡回個展をしたり、
タイの新聞、テレビ、ラジオに取り上げられたり…。

そんな中、お札おりがみに対する自分自身の考えかた変わってきました。
当初、宴会芸的に楽しんでもらおうとしていたものから、
この数年、海外での展示経験を通してお札おりがみをアートに移行しようと
模索しています。 いや、おりがみでなくても良いと考えるようにもなってきました。お金をモチーフにしたコラージュやドローイングなど、なんでもいい。

世界をコントロールしているお金というシステム、人が生きていくのにどうしても必要とされてしまっている紙幣という紙切れを使って価値とはいったい何なのかを問うような作品を。。。

なかなかブログも更新できておりませんが、
暖かい目で見守っていただけたら幸いです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


posted by はせがわ at 11:31| Comment(0) | その他

2016年01月18日

ヴィレッジヴァンガード

かれこれ2年近く前からヴィレッジヴァンガードのネット通販で
お札おりがみグッズを扱ってもらっているのですが、
これがなかなか売れないまま、どんどんサイトの中で奥へ奥へと埋もれていき
私もその存在をほとんど忘れておりました。

たまにポストカードが2枚売れたので請求書を送ってください。
など、ヴィレヴァンからメールがくるのですが、
それって銀行の振込手数料で赤字になるでしょって話なので、
せめて数万円に達するまで と、ずっと放置しつづけております。

で、今日。
久しぶりにヴィレヴァンからメールが来たので、
今回はポストカード3枚くらい出たかなー。

と添付ファイルの明細書を開いてみたら
12月はポストカード12枚に、A2ポスターが3枚売れたとのこと。
ほぉー。
どうもありがとうございました。

商品をまとめたページ

↓お札おりがみA2ポスター/
日本版と海外版合わせて108種類のおりがみを載せております。
是非、お金という108の煩悩の数をあなたのお部屋で数えてみてはいかがですか?ww

item_101143_l.jpgitem_101150_l.jpg



posted by はせがわ at 22:45| Comment(0) | その他

2015年11月15日

Pray for not only Paris.


We must know who was create the terrorists.
Pray for Syria, Pray for Iraq, Pray for Beirut, Pray for Paris.

パリで同時多発テロが起きました。
本当に痛ましい事件です。

その直前にはレバノンのベイルートでもテロが起き、
200人あまりの人が死傷しています。
が、レバノンについてはほとんど報道がありません。

イラクやシリアではテロや空爆などで
パリとは比べ物にならないほど多くの命が日常的に断たれていますが、
全く報道されません。


そして怖いのはこの後、以前の911の時のように
世界中を煽動し、テロ国家を叩くと称して戦争に突入してしまうことです。
結局イラクには大量破壊兵器などありませんでした。

この、嘘で始めた戦争によって、ISISが生まれました。


テロに屈しないなどという、一方的な正義の名を借りた戦争など二度と起こしてはいけません。
それは、また多くのテロリストを生むだけです。

いや、私たちはいい加減 気づかねばなりません。
テロリストに武器を供給しているのは誰なのか?
テロを許さないと言って始まる戦争でどれだけの軍需産業が潤うのか?
結局大儲けするのは誰なのか?

WAR is MONEY
タリバン.jpg














posted by はせがわ at 17:28| Comment(0) | その他

2013年04月01日

入籍しました。

ワタクシごとで恐縮ですが、
本日、4月1日 佐藤普子さんと入籍いたしました。

なんとワタシたち2人の生年月日は(生まれた年も)全く同じ41.1.14

だからかどうかはわかりませんが、 
食、仕事、原発、政治など、2人のいろいろな物事に対する基本的な考え方や方向性がピッタリ合っているのはホントに有難いことだと思います。

そして、逆に性格は正反対と言っても良いくらい違うところも良かったなぁ、と思います。

彼女は最近本を出版しました。
「三度の離婚より結婚が好き」という自叙伝です。
http://www.amazon.co.jp/dp/493828023X
このタイトルからも判るように、彼女は三回結婚と離婚をしているので、ワタシは四人目。様々な苦労や経験をして来た彼女の最後の相手として、これから一緒に歩いていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。



これはエイプリルフールを逆手にとっての
照れ隠し的な「ホントの事」です。(笑)



734019_10151394843232613_2012499984_n.jpg
posted by はせがわ at 20:10| Comment(0) | その他

2011年02月14日

雪かき道場

先週2/5、6で 諸橋せんせの「雪かき道場」へ行ってきました。

http://urahara-moro.sblo.jp/

 

新潟は十日町池谷という、限界集落での雪かきボランティア

...というとすごく本気で真面目な支援を想像してしまいそうだけど、

全然そんなことはなく、孤立しがちな集落に外から人が遊びにくる、

それを受け入れることで、高齢化した村人が元気になる。それが一番大事なのだそう。

 

そんなわけで気楽に、遊びにいく感覚で行ってきました。

東京ー新潟 車で約5時間。

 

十日町のことはテレビで自衛隊が出動するほどの豪雪!などと言っていたので、

現地にたどり着けるのか心配していたのだけど、肩すかしを食うほどに

道路はしっかりと除雪されていてチェーンなしで現地へ。

写真10.jpg
 

 

で、せっかくなのでリアルタイムで色々つぶやいてみようかと思っていたのに、

集落に近づいたら、まさかの圏外で音信不通になってしまいました。(涙)

 

雪かき道場にワタシたちはウラ藝チーム5人で参加したわけですが、

栃木の女子大生たちが教授に連れられて来ていたり、カナダ人の黒人が1人で参加していたり、

三重や岡山から来たというボランティア好きな人たちなど総勢20人以上。

 

家の1階部分がまるまる雪に埋まり、2階が1階になった家々。

かんじきを履いて、スコップやスノーダンプの効率的な使い方を教えてもらい、

写真9.jpg
 

足をとられながらの雪との格闘はとても新鮮で子供に返ったようなワクワク感であっという間に1日目の雪かき体験終了。

 

ちゃんとしたイイ写真はこちらのページ参照〜。

http://urahara-geidai.sblo.jp/category/426450-1.html

 

 

 

そしてウラ藝チームで雪だるまを制作。

写真7.jpg

 

写真8.jpg

写真6.jpg
 

 

お風呂はなんと五右衛門風呂、めっちゃ熱かったので

窓から手を伸ばし、雪を取っては風呂に投入〜。

 

集落の皆さんとの交流会を兼ねた夕食、かるた大会。

皆さん、ホントに元気。

 

写真5.jpg
泊まった民宿の囲炉裏

写真4.jpg

写真2.jpg
雪崩が起きないように段々にしてある山の斜面

写真.jpg
お風呂の小屋

写真3.jpg
2階の屋根の雪下ろし

 

翌日はとってもイイ天気。

1時間も雪かきをしたらもう汗だく、

ジャンパーもセーターも脱ぎ、長袖Tシャツ一丁に。

 

あんまり気持ちがいいので、

ちょっと溶けて表面がザラメ状になり始めた雪にダイブしたら、

乳首を擦りむきました...。(苦笑)

 

その後1日ヒリヒリはつづきましたとさ。

 

とっても楽しい1泊2日でした。


posted by はせがわ at 20:44| Comment(2) | その他